Top Page

引越しのマナー

引越しのときは、荷造りで忙しくて大変な毎日かと思います。
そんなバタバタした中で、忘れてはならないのが、知り合いや友人への引越しへのお知らせです。
引越し前にご近所へのあいさつ周りもしなければなりません。 現在、居住しているところから、あまり遠いところでないならば、まだ許されますが、仕事先が変わったり学校を転校しなければならないような遠方への引越しは早めに知らせるように心がけます。引越し時に挨拶が当たり前だった時代に比べると、最近では、引越しの際に、挨拶をしないところも増加しており、単身者の場合は特に多いです。
引っ越すときの挨拶のマナーとしては、引越しの前日までにすませておきましょう。特に引越しとなれば大がかりです、たとえば、「○月○日の何時頃から、夕方まで時間がかかるかわかりません。ご迷惑をおかけすることなりますが、よろしくお願い致します」といった挨拶をするようにします。挨拶の品は、一般的に必要はありません。
一方、引越し先での挨拶を行う場合、できるかぎり早くするようにします。目安としては、引越ししてきた当日、または翌日くらいです、周囲に居住している人にとっては、「どのような方が越されてきたのか?」気がかりになるものです。皆さんに安心してもらえるよう、引越しの挨拶は早めに行うのが良いでしょう。
むこう三軒両隣と言われているように、最低限これらのお宅には、ご挨拶の品を持って伺うようにしましょう。

Copyright © 2014 引越しした先でのマナー All Rights Reserved.